top of page
  • 執筆者の写真NTTタウンページ

代金回収サービスの種類|導入するメリットについても解説

企業経営における代金回収は、企業の血液といってもよい「お金」を確実に得る上で重要な業務です。しかし、企業の組織体制によっては十分な人員を割けず、担当者一人あたりの負担が大きくなってしまうことがあります。

 

そこで注目されているのが「代金回収サービス」で、業種・業態を問わず多くの企業が導入を進めています。この記事では、代金回収サービスの種類に触れつつ、代金回収作業の効率化という観点から導入するメリットについても解説します。




【目次】

1.代金回収代行サービスとは


2.代金回収代行サービスの種類

  決済代行タイプ

  集金代行タイプ

  債権買取タイプ(ファクタリング)

  債権保証タイプ


3.代金回収代行サービスを利用するメリット

  業務効率化

  回収率向上

  新たな属性の顧客確保

  自社サービス等の品質向上


4.自力での代金回収を目指すならSMSソリューションを


5.まとめ




1.代金回収代行サービスとは


代金回収代行サービスとは、サービスを導入した企業に代わって顧客から自社商品やサービスの対価となる代金を回収するサービスのことをいいます。一般的には、請求書発行から代金回収までを代行するようなイメージとなり、よく知られている方法として口座振替などがあげられます。

 

サービスにおける具体的な機能をあげると、次のようなものがあります。


 ●請求書発行

 ●入金受付

 ●代金回収

 ●顧客管理

 ●支払督促 など


また、こういった機能はあくまでも一部であり、詳細な機能はサービスによってさまざまであることから、実際に選ぶ際には比較検討が必要になるでしょう。



2.代金回収代行サービスの種類


一口に代金回収代行サービスといっても、提供されるサービスの内容は異なるため、自社のニーズに合ったサービスを選ぶことが大切です。続いては、主なサービスの種類について解説します。


なお、これらのサービスは必ずしも単独で提供されるとは限らず、下記タイプのうち複数を提供するサービスもあります。


決済代行タイプ

決済代行タイプのサービスとは、クレジットカード決済・コンビニ決済など、複数の決済をオンライン上で一括して行えるサービスのことです。多様化する顧客の決済手段に対応できるほか、各決済機関との契約も代行してもらえるメリットがあります。


このタイプに関しては、事業者と決済機関を“結びつける”サービスと言い換えても良いでしょう。


集金代行タイプ

集金代行タイプのサービスとは、毎月顧客に請求しなければならない料金(月謝や会費など)を、サービスを導入した企業の代わりに回収してくれるサービスのことです。請求書作成から代金回収までの一連の流れを任せられるため、少数精鋭で稼働している企業・事務所などの大幅な負担減につながります。


債権買取タイプ(ファクタリング)

債権買取タイプは、いわゆるファクタリングと呼ばれる「売掛債権を買取する」サービスで、債権の早期現金化ができるサービスのことです。自社のキャッシュフローに役立てられるほか、未回収リスクを減らすことにも貢献しますが、手数料が差し引かれるため売却額は本来の金額より少なくなります。


債権保証タイプ

債権保証タイプは、売掛金の未回収が発生した際に代金を支払ってくれるサービスのことをいいます。具体的には、取引先とのやり取りで貸し倒れ・回収遅延などが起こった際に保証を受けられるものが該当します。


他には、不動産入居者の家賃をオーナーに保証する「家賃保証」なども有名です。



3.代金回収代行サービスを利用するメリット


代金回収代行サービスを利用した場合、企業としてはどのようなメリットが期待できるのでしょうか。以下、具体的なメリットをいくつかご紹介します。


業務効率化

代金回収を自力で進めようとすると、請求書作成・請求料金計算・入金確認・督促といった諸々の作業を所定の期限内に進めていかなければなりません。しかし、代金回収サービスにこれらの業務の一部または全部を任せることで、大幅な工数削減・業務効率化の実現につながり、サービスによっては顧客情報の一括管理にも役立ちます。


回収率向上

企業同士で取引を行う際、取引先に抱く懸念の一つに「取引先の倒産」があげられます。せっかく新規開拓を進めようと思っていても、万一取引先が倒産して代金回収が不可能になると、それがもとで自社の資金繰りが悪化する恐れがあります。


そこで、代金回収サービスの債権保証タイプを利用すれば、一定額の支払いは保証されるため、代金未回収の不安を軽減しつつ新規開拓に向けた動きをかけやすくなります。


新たな属性の顧客確保

複数の決済方法に対応できるサービスを利用すると、その分だけさまざまな顧客が自社のサービスを購入しやすくなります。例えば、様々な事情からクレジットカードが持てない人であっても、顧客候補になる可能性があります。


自社サービス等の品質向上

売上に直接関係しない業務の負担が軽減することで、自社サービスの充実に時間・労力・人員を割きやすくなると、結果的にサービス等の品質向上が期待できます。



4.自力での代金回収を目指すならSMSソリューションを


代金回収につき各種サービスへの依頼を決定する前に、まずは自社での対応を検討したい場合は、SMSソリューションの利用をご検討ください。SMSソリューションなら、決済代行会社との連携により各種支払いが可能となるだけでなく、次のようなメリットを享受できます。


 ●アンケート収集

 ●リンク先で最大10,830文字の多文字対応

 ●本人限定開封による誤送信防止

 ●PDFによる重要書類等の送信

 ●送信日時・結果記録を確認できるトラッキング機能 など



SMSソリューションの活用先は幅広いため、ご利用いただくことにより、新たなビジネスチャンスをつかむことが可能になります。各種サービスを比較検討後、代金回収以外の分野においても業務改善・DX化などの課題が見えてきた企業担当者さまは、この機会にぜひ一度ご活用ください。

 



5.まとめ


代金回収代行サービスを利用することで、企業担当者は代金回収やそれに付随する業務の手間が省け、よりコアな業務に集中できるようになります。複数の決済に一括対応する「決済代行」タイプのサービス以外にも、集金代行・債権買取・債権保証などに対応するサービスがあるため、企業は自社においてネックとなっている業務を選んで任せることができます。


サービスの利用により、業務効率化・回収率向上のほか、これまでは想定していなかった顧客の確保も期待できます。代金回収業務は自社で引き続き行う予定で、その業務効率を高めたいとお考えの方は、SMSソリューションがおすすめです。


お問合せはこちら



2024年3月執筆



 





Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page