top of page
  • 執筆者の写真NTTタウンページ

ペーパーレス決済とは|SMS決済・コンビニ決済との違いも解説

クレジットカード・電子マネーなど、日本でもキャッシュレス決済を利用する人は増えてきていますが、クレジットカードが作れないなどの理由から現金決済を選ぶ人も少なくありません。事業者としては、多様な消費者の事情に配慮し、複数の決済方法を選べるようにしておいた方が、より多くの顧客を取り込むことにつながります。

 

特に、ペーパーレス決済を導入できると、顧客の利便性向上が見込めるだけでなく、紙媒体でのやり取りを減らすことも期待できます。この記事では、そんなペーパーレス決済について、SMS決済・コンビニ決済との違いに触れつつ解説します。




【目次】

1.ペーパーレス決済とは

2.ペーパーレス決済とSMS決済・コンビニ決済の違い

ペーパーレス決済とSMS決済の違い

ペーパーレス決済とコンビニ決済の違い

3.SMS決済連携機能でペーパーレス決済を活用

ペーパーレス決済以外の決済方法を提案できる

顧客への連絡がスムーズ

決済業務を効率化する仕組みを導入できる

4.SMSソリューションで決済方法を増強

5.まとめ



1.ペーパーレス決済とは


ペーパーレス決済とは、紙の払込票を使わずに、購入したECサイト等で決済に必要な払込方法を表示する方式のことをいいます。顧客はコンビニエンスストアに設置されたマルチメディア端末で払込に必要な情報を入力し、端末から発行された払込票で代金を支払います。

 

または、レジで直接店員に必要な情報を伝えるケースなどもあります。具体的な例としては、バス等に乗るためのチケットを発券する際などに用いられます。




2.ペーパーレス決済とSMS決済・コンビニ決済の違い


ペーパーレス決済と似たような決済方法の名称として、SMS決済・コンビニ決済などがよく知られています。いずれも、ペーパーレス決済と似た要素を持っているものの、厳密には異なる決済方法のため、事業者が導入する際は違いを把握した上で検討しましょう。

 

ペーパーレス決済とSMS決済の違い

SMS決済とは、スマートフォンなど携帯電話のSMSを利用して、決済用のURLを顧客に向けて送信する決済サービスのことをいいます。決済方法も多様で、クレジットカードやモバイル決済・コンビニ決済などが利用できるサービスが見られます。

 

SMS決済の中には、複数の決済方法に対応できるようペーパーレス決済を備えている場合もあります。しかし、ペーパーレス決済の流れにおいて必ずしもSMSを利用するとは限らないため、SMS決済とは区別されます。

 

ペーパーレス決済とコンビニ決済の違い

コンビニ決済とは、全国各地のコンビニエンスストアで利用できる決済サービスのことを指します。多くの場合、ECサイト・通販サイトのようなオンライン上で購入した商品・サービスの代金を支払うために用いられます。

 

ペーパーレス決済はコンビニ決済の一種に数えられ、他にはECサイト運営側から送付された払込票を顧客が店頭に提示して代金を支払う「払込票決済(払込票方式)」があります。顧客がどちらの方法を好むかは分からないため、ペーパーレス決済・払込票決済の両方に対応しているサービスを選んだ方が、顧客を取りこぼす確率は低くなるでしょう。




3.SMS決済連携機能でペーパーレス決済を活用


顧客の利便性向上などを目的としてペーパーレス決済の導入を検討しているなら、より便利な決済方法を採用した方が、顧客数を増やすことにつながります。SMS決済連携機能があるサービスを選ぶことで、次のようなメリットが期待できます。

 

ペーパーレス決済以外の決済方法を提案できる

ペーパーレス決済は、紙媒体のやり取りがない分だけ顧客の負担を減らせるメリットがある一方、基本的に“コンビニまで足を運ばなければ決済できない”仕組みのため、高齢者など歩くことを負担に感じる顧客にとっては面倒に感じられるかもしれません。しかし、SMS決済連携機能があるサービスの多くは、クレジットカード決済など多様な決済方法を選べるため、顧客の事情に配慮しやすくなります。

 

顧客への連絡がスムーズ

SMSの送信先は「顧客の電話番号」であるため、顧客に情報を届けやすい傾向にあります。また、自分の電話に届いた連絡を確認する人は多いため、SMSに書かれた内容を読んでもらいやすく、顧客に確認されないままメッセージが流れる心配が少ないのもメリットです。

 

その一方で、近年ではSMSのなりすましが問題になっていることもあります。そこで、SMSを利用した本人認証・端末認証を行えるシステムを採用すると、なりすまし・複数アカウントによる不正サービス利用の防止につながります。

 

決済業務を効率化する仕組みを導入できる

多くの場合、SMS決済は「購入ページ等へのリンクをSMSに貼り、そこから顧客に決済してもらう」仕組みとなっています。あらかじめページのフォーマットを作成することで、その後のページ作成の作業が不要になるため、業務効率化の実現が期待できます。




4.SMSソリューションで決済方法を増強


SMS決済を導入することで、ペーパーレス決済をはじめとする様々な決済方法を、顧客に対して提案できます。NTTタウンページのSMSソリューションなら、ペーパーレス決済のほか、次のような決済方法に対応することができます。

 

●ペイジー

●口座振替

●銀行振込決済

●クレジットカード決済 など

 

また、決済方法の充実だけでなく、次のような便利機能も利用可能です。

 

●双方向コミュニケーション・アンケート収集

●多文字対応(リンク先ページ最大10,830文字)

●本人認証による誤送信防止

●重要書類等のPDF送信・保存

●リアルタイムな入金確認

 

決済のほか、様々な観点から多様なSMS活用を考えている方は、SMSソリューションの利用をご検討ください。


※ペイジー:税金や公共料金、インターネットショッピングの購入代金などの各種料金をインターネットで支払えるサービス


5.まとめ


紙の払込票などを必要としないペーパーレス決済は、事業者・顧客ともに便利な決済方法のため、導入を検討する価値は十分あります。可能であれば、払込票決済と併用し、コンビニ決済を利用したい顧客のニーズを満たせるサービスを選びたいところです。

 

より顧客の選択肢を増やしたいのであれば、SMS決済連携機能を採用し、クレジットカードなど多様な決済方法を利用できるよう配慮したいところです。実際に各種サービスの導入を検討する際は、決済方法の種類だけでなく、SMSによってビジネスをより効率化できるかどうかにも着目するとよいでしょう。


サービス詳細、活用方法など、 貴社に合わせたご提案をさせていただきます。 導入に関しての疑問などもお気軽にお問合せください。


お問合せはこちら



2024年1月執筆


 





留言


bottom of page