top of page
  • 執筆者の写真NTTタウンページ

SMS送信サービスの比較ポイント|導入メリット・デメリットについても解説

SMS送信サービスは、本人認証や確認通知、マーケティングの効率化などに活用できます。しかし、導入してから自社のビジネスにどう応用すればよいのか、具体的なイメージが湧かないという方も多いのではないでしょうか。


自社の問題を解決できるSMS送信サービスを選ぶためには、どんな目的で使用するのか、機能にはどのようなものがあるのかなど、チェックすべき点がいくつか存在します。この記事では、SMS送信サービスを比較する際のポイントについてや、導入メリット・デメリットに触れつつ解説します。



【目次】

1.SMS送信サービスとは

2.SMS送信サービスの比較ポイント

  利用目的

  機能

  操作性

  予算

  セキュリティ

3.SMS送信サービスを導入するメリット

  通知・連絡の確実性が高い

  送信方法の選択肢が多い

  宛先が変更されにくく安心

4.SMS送信サービスを導入するデメリットはある?

5.まとめ



1.SMS送信サービスとは


SMS送信サービスとは、携帯電話・スマートフォンのSMS(ショートメッセージサービス)を使って、本人確認、通知、督促、プロモーションといった目的のため情報を送信できるサービスのことをいいます。


例えば、ECサイト等へのログイン時、クレジットカードの登録・支払時などに、SMSを用いた本人確認によってなりすましを防げます。顧客・取引先のメールアドレスが分からない場合でも、電話番号が登録されている相手なら、メッセージを送ることが可能です。




2.SMS送信サービスの比較ポイント


一口にSMS送信サービスといっても、世の中にはたくさんのサービスがあります。目的次第で重視するポイントも変わってくることから、以下のような複数の比較ポイントを押さえておき、自社の事情に応じて検討することをおすすめします。


利用目的

SMS送信サービス選びの最重要ポイントは、自社が「どのような目的のためにSMS送信サービスを利用するのか」を明確にすることです。本人確認を目的としているのか、それとも緊急時の連絡に活用したいのかなど、利用する目的は企業・組織によって異なります。


例えば、マーケティング等の目的がある場合は、ランディングページ作成・クーポン画像作成といった機能を持つサービスを選ぶのがよいでしょう。督促や重要通知など、相手を絶対に間違えてはいけないケースでは、誤配信防止機能を備えたサービスを選びたいところです。


機能

SMS送信サービスに搭載されている機能には、顧客や取引先などにまとめてSMSを送れる一斉送信機能、アプリケーション・システム間でデータ・機能を連携して利用できるAPI連携機能など、たくさんの種類があります。実際に利用する際の使い勝手を考えると、送信できる最大文字数・送信元の表示なども重要なポイントになるでしょう。


ただし、これらのサービスはすべてのSMS送信サービスに標準搭載されているとは限らないため、自社で欲しい機能が備わっているかどうか事前にチェックする必要があります。


操作性

サービスを利用するにあたり、管理画面が使いやすいと、担当者・現場での運用がスムーズです。一度SMS送信サービスを利用するとなったら、長期的な利用を想定することになるため、利用方法・設定方法が分かりやすいことも比較ポイントに含めましょう。


予算

SMS送信サービスは、SMSを誰に・どのくらい配信したいのかによって発生する料金が変動するため、価格体系・プランが自社の予算を圧迫しないかどうかを確認しておきましょう。送信予定人数がそれほど多くないのであれば、単純に1通あたりの値段が安いサービスを選べば問題ありませんが、数万単位で送信する場合はボリュームディスカウントが可能なプランを選ぶと安心です。


セキュリティ

本人認証・安否確認に利用されるSMS送信サービスは、セキュリティ面で安心できることも比較ポイントに含まれます。SSL通信・24時間365日の監視体制・データバックアップなど、自社の技術担当者の意見も踏まえながら、慎重に検討しましょう。




3.SMS送信サービスを導入するメリット


ビジネスでSMS送信サービスを導入するメリットとしては、主に以下のようなものがあげられます。


通知・連絡の確実性が高い

電話番号は、携帯電話を契約する際に設定するもので、基本的にはメールアドレスのように個人が自宅等で気軽に番号を設定できるものではありません。そのため、SMSはターゲットへの到達率が他の連絡方法と比較して高い傾向にあります。


メールアドレスが分からないユーザー・引っ越してしまい新居の住所が分からないユーザーであっても、電話番号が分かれば高確率で連絡を取れます。顧客等に確実に情報を伝えたいのであれば、SMS送信を活用した方が安心です。


送信方法の選択肢が多い

SMS送信サービスを使うと、多数のユーザーに伝えたい情報を一度に送信できます。例えば、キャンペーン告知など、同じ内容のメッセージを大量に送信したい場合に役立ちます。


また、満足度アンケートを行う際にSMSを活用すると、サービス直後でも回答を引き出しやすくなります。逆に、特定の相手を指定してメッセージを送付したり、希望の時間帯に予約配信をしたりできるサービスもあります。


宛先が変更されにくく安心

携帯電話・スマートフォンの電話番号宛に送信されるSMSは、個人が自由に変更できるメールアドレス等と比べて、宛先が変更されにくいメリットがあります。また、SMS送信サービスには、携帯キャリア判定やMNP・携帯番号履歴判定によって誤送信も防止されているものが多く見られます。




4.SMS送信サービスを導入するデメリットはある?


SMS送信サービスは、総じて便利なサービスで確実性が高いものの、デメリットも存在しています。最も大きなデメリットとして「SMSは基本的にテキスト情報しか送信できない」ことがあげられます。


どうしてもテキスト以外の情報を送信したい場合は、画像・ファイル等のURLをメッセージ内に設置するなどの工夫が求められます。また、文字数も670文字などの縛りがあるため、情報を厳選する必要があるでしょう。




まとめ


SMS送信サービスを選ぶ際は、自社が利用する目的をはっきりさせた上で、具体的な機能や安全性などを比較検討することが大切です。もし、どのポイントを優先して選ぶべきか決めかねている場合は、NTTタウンページの「SMSソリューション」をご検討ください。


SMSソリューションは、幅広いニーズに対応できるよう、次のような特徴を備えたSMS送信サービスです。


○決済代行会社との連携により各種支払いが可能

○重要書類や明細・カタログなどのPDF送信・保存が可能

○リンク先ページで10,830文字まで記載可能な多文字対応

○トラッキング機能により送信者側が送信日時・結果記録を確認できる など


また、経済産業省・法務省の「新事業特例制度」の認定を受けているため、普通郵便・書留・簡易郵便のほか、内容証明郵便・配達証明郵便に代わる新たな通知手段としてご利用いただけます。


サービス詳細、活用方法など、 貴社に合わせたご提案をさせていただきます。 導入に関しての疑問などもお気軽にお問合せください。


お問い合わせはこちら



2023年11月執筆


 





Opmerkingen


Opmerkingen zijn uitgezet.
bottom of page